新銀行東京訴訟

 

ずさんな経営により巨額の税金が投入されることになった新銀行東京の内部事情について、同行に在籍していた横山剛氏が、同行退職後に『週刊現代』『サンデープロジェクト』などの取材に実名で答えたところ、2008年8月、同行は1320万円の損害賠償を求める民事訴訟を横山氏1人だけを対象に起こした。