キャノン御手洗vs斎藤訴訟

 

ニュースリリースで『週刊現代』に掲載された「キャノン御手洗会長と七三一部隊」との表示を付した記事が、読者に同社と御手洗会長が七三一部隊と特別な関係があるとの誤解を生じさせるものであり名誉毀損だとしてキャノンと同社会長である御手洗冨士夫氏が、講談社とジャーナリスト・斎藤貴男氏を相手に、それぞれ1億円(計2億円)の損害賠償および謝罪広告を求める裁判を東京地裁に起こした。

 

 
 

© 2014 SLAPPIC All rights reserved.